ズボラ夫の男性育休 123×222日

<平日6:30、休日10:00更新>1.23生まれの娘と始める男性育休222日の軌跡。京大卒ズボラ夫のサラリーマンです。はてなブログ開始1ヶ月で読者300人!男性育児、男性育児休業、勉強、副業について書いていきます。育休中はオンラインで勉強教えるボランティアやっています。詳しくはプロフィールを。

【読み放題で読める】これを読めば70点取れるイクメンになれる厳選3冊

f:id:datsutokio:20191219082319j:plain

※この記事にアフィリエイトはありません(理由は最後尾にあり)※

この記事では「これを読めば70点取れるイクメンになれる3冊」を紹介します。

使うのは、Amazon電子書籍読み放題サービス「 Kindle Unlimited 」の初月無料期間とスマホのスクショ機能の2つだけです。
これを実践すれば、通常であれば4,000円以上かかるノウハウを、初月無料サービスをうまく使えればお金を使わず吸収することができます。

お前は誰やねん

今月第一子出産予定のプレパパです。
最強の育児本レビュワーを目指し、100冊を目標に育児本を読んでレビューしています。

詳しくはこちらの記事を参照してください。

datsutokio.hatenablog.com 

Amazonの「Kindle Unlimited」とは?

  • 月額980円で電子書籍が読み放題になるサービス
  • 初月1ヶ月は無料で利用可能(クレジットカード登録は必要)
  • スマートフォンがあれば読める(スクショ可)

この記事を読むとわかること

  • 育児の全体像(特によくあるトラブル)を把握し、オタオタしなくなります
  • 忙しいパパでも育児への関わり方がわかります
  • 産後のママの大変さがわかり、サポートのイメージができます

 厳選!パパが読むべき3冊

 ①マンガで読む 育児のお悩み解決BOOK 1,430円相当

マンガで読む 育児のお悩み解決BOOK

マンガで読む 育児のお悩み解決BOOK

 
  • マンガなので、かなりのボリュームが苦もなく読める
  • あるあるのトラブルが網羅的にわかる
  • 出産後の心の準備ができる

 かなりの情報量がありますが、愛嬌のあるイラストで苦にならず読み進めることができます。
赤ちゃんができて嬉しい話ばかりを書いている本もありますが、この本はトラブル中心に書いてあります。

自分もこれから出産を控えている身ですが、日常的にこんなにもトラブルが起きるものなんだということを知りました。

たとえば、寝ない、食べない、アレルギー、夫の関わり方みたいな重要トピックスを笑いありの軽妙なタッチで勉強できます。

個別のトラブル対応は紙の本に任せればよいので、いったん無料期間の読み放題ではザーッとあるあるのトラブルに目を通しておけば、育児に対する全体像をつかむことができます。

 

 ②忙しいビジネスマンのための 3分間育児 1,100円相当

  •  忙しいパパでもリアルにできそうな手法ばかり
  • ママとの関係性についてもわかる
  • 耳の痛い話も満載

僕もパパになる身なので、パパ向けの本も色々読みましたが、僕が読んでていいなと感じる本は、

ママとパパは役割が違うのでそれぞれの特性を活かした育児の仕方を考えよう

というものです。

やはり男女では性差というか、生まれつきのものの考え方や感じ方に違いがあるというのが生物学的に見ても正しい見解だと僕は考えているので、当然育児の仕方も男女で異なるものだというのが僕のスタンスです。

この本でもおそらく大多数の男性は仕事を中心に時間を取られることが多いと思いますので、その限られた時間の中で男性の特徴を活かしてどのように育児に関わっていくかということが述べられています。

特に、子供に対してどのような声かけをいくかや、どういう風な遊びを一緒にしていくと良いかを、かなり具体的に示してくれているので今すぐ使えそうなノウハウばかりです。

また単身赴任になるなど、物理的に子供と接する時間がかなり制限される場合の対処法についても細かく書かれています。

世の中のパパ向けの本では、理論としては非の打ち所のないものでも、現代の働く男性の実態に果たして即しているか疑問なものも多数ありますが、この本は絶妙にリアルなところを突いてきているなという印象です。

 ③桶谷式 母乳ですくすく育てる本 1,650円相当

桶谷式 母乳ですくすく育てる本

桶谷式 母乳ですくすく育てる本

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2011/10/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
  • おっぱいがない男は一度は読め
  • 事前に何をすればよいか大体わかる
  • ただし母乳育児バンザイなので注意

母乳育児についての本です。

男性はおっぱいがありませんので、母乳に関する”いろは”からトラブルまで一度網羅的に読んでおくことを強くお勧めします。

特に母乳育児の準備は妊娠した時から既に始まっていることなど、おっぱいがない私には目から鱗でした。

この本の著者は母乳育児万歳の思想の持ち主なので、その点については若干の注意が必要ですが、一通り読むだけで母乳育児全般について理解を相当深めることができるのでおすすめです。

またこの育児法についてのサポートをしてくれる全国の相談室のリストが載っています。
見た感じほとんどの都道府県でサポートを受けることができるようです。 

詳しく本を精読するのは出産後で構わないと思いますが、一通り母乳育児について概要を理解しておくことでスムーズな育児で移行できることは間違いありません。

まとめ

以上、Kindle Unlimitedを用いたパパ向けの厳選3冊でした。

これらの本をすべて買うと4,000円以上しますが、Kindle Unlimitedの無料期間を活用すればノウハウだけ吸収することができます。

基本的にスマホがあれば読めますし、スクショも撮れますので、無料期間の間にザーッと読んでしまって、気になるところはスクショしておくのが超絶捗ります。

Kindle Unlimitedはこちらから。

 

備考

冒頭に書きましたが、この記事はアフィリエイトリンクはありません。
その理由は2つあります。

1つ目はWEBライティングの練習をしたかったからです。
練習ならアフィリエイトリンクを貼って成果を確認したほうがいいんじゃ?という考えもありそうですが、いきなりアフィリエイト寄りにブログが傾くのを避けたかったのが大きな理由です。

2つ目は、純粋に良いと思ったものを紹介したかったからです。
アフィリエイトにすると、どうしてもそのあたりがぼやけてしまうので、やめました。

代わりにもしこの記事が有用そうだと思っていただけたらコメントやはてブをよろしくお願いいたします(^o^)

もし読者目線で気づいた改善点等もお待ちしております!!